男性

40代男性

  • エリア
    東京都千代田区
  • 投稿日
    2019/03/23

192 view

老後の資産形成における中古マンションの投資について

都内のサラリーマンです。
老後の資産形成の目的で、中古のマンション投資を検討しています。
場所は城南・城西エリアで2,000万円~3,000万円程度を考えています。
今後、どのように考えていったらよろしいでしょうか?

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/05/04

    上山治紀かみやま はるとし

    株式会社東宝ハウス横浜

    担当者詳細ページへ

    『老後の資産形成のための不動産』
    とてもいいお考えだと思います。

    私自身も老後のための収益マンションを、居住しているマンション以外に所有していますが、それは、同じように老後のためです。年金はあてにならないですからね

    今後、どのように考えていったらよろしいでしょうか?
    というお言葉で締めておられますが、これは、何から初めていいのかわからないということでしょうね?

    まず、絶対にお願いしたいのは、よくある不動産投資セミナーなどには行かないことです
    これらのセミナーが全て悪いというわけではないですが、とにかく胡散臭いセミナーが多いのと、
    私たちプロが聞けば明らかにおかしい話でも一般の方にはもっともらしく聞こえてしまうようです。

    まず、はじめる最初の一歩としましては...

    ネットでの評判の声が多い不動産会社さんをお尋ねになられて老後のための収益マンションを考えていることを
    相談してみることでしょうね。

    ただし、収益の善し悪しをちゃんと把握している営業マンばかりではないので、話をしていて、説明がよくわからなければ、担当者や、会社を変えて、ご自身が納得いくパートナーがみつかるまで、探し続けるのがいいと思います。

    収益は、物件の選定がとても大事ですが、
    それは後に置いておきまして、まずは、ご自身の目的である老後の資産形成のための
    不動産の収益知識を、わかりやすく説明してもらい、ご自身でも最低限の知識をお持ちになること。

    ちゃんと教えてくれるパートナーなら、
    その後の物件の選定もちゃんとできると思いますよ。

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/03/25

    荒川竜介あらかわ りょうすけ

    ミカタ株式会社

    担当者詳細ページへ

    まずは、目的に応じて購入価格や借り入れを検討する必要があります。

    一般的に老後資金はご夫婦で「約25万円」が最低限必要と言われています。(ご自宅が無借金である前提です)

    その金額はあくまで最低限のお金なので、ゆとりある生活をするためにはプラスアルファ必要ですね。お客様の年金が仮に20万円とすると最低でも5万円以上はご自身でご用意していただかなくてはなりません。

    多くの方は保険、貯金、退職金で賄いますが、ご質問の通り、不動産投資という選択肢もございます。
    (城南エリアのその金額帯だと毎月の賃料は、10万円〜15万円となります)
    そのため年金プラス不動産で最低限な暮らしに必要な資金を賄い、プラスアルファは貯金と保険で補うのは合理的です。

    ただし、年金支給の65歳(恐らくその頃には70歳になっているかもしれませんが…)には不動産の借り入れを0円にしておく必要があります。そのため、借り入れ年数を年金支給年齢までに設定する方法もありますが、個人的には出来るだけ【長く借りて繰り上げ返済する】のをお勧めしています。借り入れは短くするのは簡単ですが、長くするのは難しいからです。

    今の金利と不動産価格から考えると毎月のキャッシュフローがトントンか少し赤字になる可能性があります。
    そのため、毎月の収支を繰り上げに当てるのはできませんが、団信があるのでご自身で加入されている保険の定期部分があれば、それらを見直してもいいかもしれません。そこで浮いたお金を繰り上げに当てていく形です。

    考え方は、さまざまかと思いますが、将来を見据えて、前向きな不動産投資は賛成です。しかしながら、不動産における投資である以上、購入価格、売却価格、賃貸価格、借り入れの金利等をしっかり理解し進めなければ、こんなはずではなかったということもありえますので、十分に注意された方が良いかと思います。

無料相談

不動産のプロに
直接悩みを相談!まずはぴったりの担当者を探そう

×