不動産の
お悩み相談室real estate q&A

女性

30代女性

  • その他
  • エリア
    東京都目黒区
  • 投稿日
    2019/02/23

157 view

ペット禁止物件での対処方法について

ペット禁止のマンションを購入したのですが、住民の何人かが犬を飼っています。規則に違反している飼主がいることや、組合がそれを放置している事実について、媒介業者からは説明がありませんでした。飼育禁止ないし飼主の退去要求、または売買契約の解除や媒介(仲介)業者への損害賠償請求などを検討していますが、可能でしょうか。

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/02/23

    山田力やまだ りき

    ヒトワークス株式会社(イイタン コンシェルジュ運営事務局)

    担当者詳細ページへ

    マンションの仲介業者は、管理規約等でペット飼育が禁止されている場合には、その事実を事前に説明する必要があります。ただし、管理規約に反してペットを飼っている住民が存在することも少なくありません。

    その場合、管理組合を通じて住民にペットの飼育禁止を求めたり、その住民の退去を求めたりすることも出来ますが、実際問題としてそう簡単に事が運ぶことは稀です。

    管理規約はあくまでもマンション内の規則であり、宅建業法などによって直接規定されるものではないため、法的な意味での強制力は伴わないからです。

    現実には、ペットに去勢を施す代わりに一代限りの飼育を認めたり、廊下やエレベーターなどの共用スペースでは必ず抱っこして歩かせないなどの対策を採ったりして折り合いをつけることも少なからずあるようです。

    今回のケースにおいて、契約の解除や損害賠償の請求ができるか否かは、ご質問の内容だけでは判断できません。弁護士等の専門家にご相談することをお薦めします。

    その場合「動物アレルギー」は重要な論点の一つになると思われます。

不動産にまつわるあれやこれ...
気になることはありませんか?
プロの専門家が
あなたの疑問にお答えします!

お悩み投稿はこちら

あなたにぴったりの
担当者を探そうPersonnel search

×