男性

30代男性

  • 売却
  • エリア
    東京都江東区
  • 投稿日
    2019/10/20

59 view

売却について

現在、半年くらい前に買ったマンションを売却検討中です。3580万で購入して、リフォームに200万ほどかけました。このマンションを4000万ほどで売却したいなぁと思っています。売却後はもう少し値段の安いところに引越しも考えているため、再購入をしようと思っております。まず、4000万円ほどで売れるのか、が気になります。リフォームで中を綺麗にしているので、以前買った時よりも付加価値として、高くなれば良いと思っています。むしろ高くないと売るのは避けたいです。うった後も購入をを考えているので、その相談もしていただければと思います。

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/10/26

    島崎湧太しまざき ゆうた

    株式会社ハウジングサクセス

    担当者詳細ページへ

    相手があっての不動産取引ですのでご希望の売れる可能性が無いわけではありませんが、あまり高くはないかと思います。相談内容から判断すると購入代金と諸費用に加えリフォーム代金の合計額で4000万円という金額を算出されているかと思いましたが、一昔前のネットが普及していない時代であれば上手くいったのかもしれませんが現在では多くの方がネットを通して情報・知識を得られる時代です。
    少しでも高く売りたい、少しでも安く買いたいという相反する立場での取引となりますので厳しい言い方ですが、200万円のリフォームでは付加価値とまではいかないと思いますし、購入して半年で住み替えとなると購入希望者側からするとありもしないトラブル等を想像されてしまうと思いますので現在の支払い等が厳しく今後滞る可能性があるということでしたらすぐに動くべきかと思いますが、よほどの理由が無い限りもう少しお住まいになってから売却されるのが後々相談者様にとっても良い結果になると思います。

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/10/25

    笹林洋平ささばやし ようへい

    株式会社笹林エスクロー

    担当者詳細ページへ

    ご売却ですが、売却先行でお客様のご希望金額で販売活動をさせて頂く形式ですが
    内装の程度や、購入時の相場でご希望の価格でご売却できるかご相談に乗れるかと思います。

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/10/21

    脇保雄麻わきやす ゆうま

    株式会社ユー不動産コンサルタント

    担当者詳細ページへ

    半年前にリフォームに200万円かけたということでますが、どこをリフォームされたのでしょうか?恐らく水回りをある程度交換したのかなと思いますが。
    半年前に3580万円は相場より安く購入したということでしたでしょうか?
    仮に4000万円で売却するとして、購入を考えている方は相場を考えて不動産を購入すると思います。3580万で購入した不動産にリフォーム200万円かけたとしても4000万円にはならないです。
    例えばリフォーム費用800万円くらい掛けていて事情が変わったから4000万円でも売却となれば。その分がリフォーム費用分が付加価値とされて購入したいという方も出てくると思います。

    売却したい方としては、少しでも高く売りたいですし、購入したい方は、少しでも安く購入したいと思ってます。そのバランスが合致するから取引が成立します。売主や買主の一方の思いだけが強くても取引は成立しないのです。(半年、一年以上、売却出来なかったり、物件が購入出来ないという人は、そういうことです)

    少し厳しい事を伝えてしまって気持ちをがいしてしまったかもしれません。
    しかしながら、何故、今売却を考えていて、何故、その金額で売却しなければならないのか?そこを明確にして取り組むことが大切だと思います。
    そもそもせっかく半年前に購入してご自身でリフォームして住まわれているのに、何故売却して、しかも、今よりも安い物件を購入しようとしているのですか?(購入検討されている方も半年前に購入して何故売却するのか?と何か問題があるのか?と不安視される方もおります)

    また、儲かるから不動産買って、リフォームして売却してとうのは得策ではありません。買って売って利益を出すという行為自体が業に当たるので宅建業法違反となってしまいます。よくネットビジネスで不動産を安く買ってリフォームして高く売却することをモデルとして数十万、数百万の会費を請求する会社を聞いたことありますが、そのモデル自体が宅建業免許がなければできない事です。
    不動産業者が物件購入してリフォームして売却して利益を出しているのは、相場より安く物件を購入してリフォーム費用も業者間価格で施工しているから成り立ってるのです。あたかも一般の方が誰でも出来て儲かるよう事を伝える業者もおりますが騙されないようにしてください。

    儲かるから、その不動産を購入するという判断基準でなく本当に欲しいという購入判断基準を設けて不動産を購入するべきだと思います。
    ご相談者様が購入されたときに購入した金額よりも高く売却出来るからという理由で購入進められたのなら、あまり良い不動産業者とは言えないかもしれません。
    いずれにせよ、せっかくリフォームして住まわれているのなら大切に住んでみてはいかがでしょうか?短期譲渡での所得税は約39%かかります。仮に売却しなければならない状況だとしたら、本当に相談者の事を考えている担当者であれば売却しなくても良い方法や知識や提案はしてくれると思います。

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/10/20

    姿信一郎すがた しんいちろう

    不動産売却サポート株式会社

    担当者詳細ページへ

    リフォームによる付加価値分を売買金額に転嫁させることは、ごく自然なことです。ご相談者様は200万円程のご負担をされたリフォームとのことですが、現在のお部屋の状態、リフォームの程度によって付加価値をどの程度想定できるかは、客観的な目線を持つ仲介業者に一度見てもらうことで提案を受けるのが宜しいかと思います。各社?各担当によって判断は様々かと思います。
    「買った金額+リフォーム負担分+アルファ」が売却金額として成立する可能性がどの程度あるかは、現在の周辺マーケットによって異なります。こちらについても同じくご相談をして頂き、安心してお願い出来そうな会社?担当?を見つけてみてください。相談者様は何社かに一度現地査定を依頼されるのが宜しいかと思います。


    なお、買い替えの場合は、売却と購入と同じ担当に依頼される方が金額調整スケジュール調整など、スムーズに対応して頂けると思います。
    資金計画によって「売り先行型」と「買い先行型」があります。全体スケジュールなど相談してみてください。

無料相談

不動産のプロに
直接悩みを相談!まずはぴったりの担当者を探そう

×