不動産の読み物real estate Reading

ニュース・市況

オリンピックの次は2022年問題?!今後の不動産市況に影響するとみられる「生産緑地」の問題を解説!

2020/2/25

「東京オリンピック後に不動産価格が暴落する?!」と取沙汰されている問題は、「2020年問題」と呼ばれています。 【2020年】オリンピックは不動産市場にどう影響するのか? では、「2020年問題」の後に控える「2022年問題」をご存じですか? 2022年問題も2020年問題と同様に、“2022年に不動産価格が暴落するのではないか”と危惧されている問題なのです。 「2022年問題」とは? 2022年問題は、別名「生産緑地問題」といわれています。 生産緑地とは? 「生産緑地」は“生産緑地法”によって定められた ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!~家族構成に合った住まい選び~

2020/2/19

どんな間取りの家に住むかについては当然、その世帯の家族構成や人数によって異なります。 さらに、同じ家族構成でも状況が異なる場合があるため、ピッタリの住まいを選ぶのは決して簡単ではありません。 ここからは、より家族構成に合った住まいをテーマに、詳しく解説していきたいと思います。 1人暮らし 若年層の方が1人暮らしをする場合、ワンルームあるいは1Kの間取りでも、十分快適に過ごせるでしょう。 ただ、家を購入する方の多くは、30~40代のミドル層であり、そのような方は1LDKあるいは2LDKを基準にすることをおす ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!~住み替えの方法について~

2020/2/18

「家族が増えて手狭になった」「子どもが自立して家が広くなった」など、住み替えを検討する理由は人それぞれですよね。 実は、住み替えには3つの方法があり、各々にメリット・デメリットが存在するのです。 それらを知った上で決めていくのが生着でしょう。 早速、住み替えのパターンと方法について詳しく解説していきます。 売却してから購入する方法 1つ目の方法は、先に住んでいる家を売却し、その後新しい家を購入するというものです。 いわゆる“売却先行型”ですね。 この方法は、住宅ローン残債がまだまだ残っており、手元にある資 ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!~老後は戸建てorマンション?~

2020/2/15

一戸建てに住んでいる高齢の方の中には、すでに子どもが家を出て独立し、部屋を持て余しているという方もいるでしょう。 せっかく複数の部屋があるのに、使わないのはもったいないですよね。 ではこの場合、一戸建てを売却してマンションに移るべきなのでしょうか? 詳しく解説しましょう。 【結論】戸建てを持て余しているならマンションに移ろう! 結論から言うと、一戸建てを持て余しているという方は、マンションに移ってセカンドライフをスタートさせるべきでしょう。 なぜなら、マンションに移ることで、安全面や生活のしやすさ、金銭面 ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者が教えます!~ユニバーサルデザインとは?~

2020/2/14

これから購入するマイホームにおいて、“使い勝手の良さ”を重視している方は多いかと思います。 それを追求するのであれば、建築の際にぜひ“ユニバーサルデザイン”を採り入れてみましょう。 本記事ではユニバーサルデザインの概要と、マイホームに採り入れた際のメリットを、具体例と共にご紹介します。 “ユニバーサルデザイン”の概要 年齢や性別、国籍や障害などの区別なく、誰もが公平かつ快適に利用できるように、製品や建物などを作ることを“ユニバーサルデザイン”と言います。 近年、住宅分野でも取り上げられることが多くなってお ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!~売却前はリフォームorリノベーション?~

2020/2/13

これから不動産を売却する方の中には、少しでも綺麗な状態で売り出して、買い手を付きやすくしたいと考える方もいるでしょう。 その際、リフォームとリノベーションのどちらを実施すればいいのでしょうか? 本記事では、双方の違いと併せて解説しますので、いずれか検討している方がいれば参考にしてください。 リフォームについて これから売り出す不動産の老朽化している箇所、あるいは設備などを当初の性能に戻すために行われる修繕を“リフォーム”と言います。 リフォームと聞くと、“家を改築する”ということをイメージされる方も多いか ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!⑭団体信用生命保険とは?

2020/2/8

住宅ローンの中には、借り入れ条件として団体信用生命保険への加入というのが定められているケースが良く見受けられます。しかし、生命保険と名前が付いているものの、どのような保険なのかを理解して契約している人は意外と少ないのです。これはどのような保険なのか、解説していきます。 団体信用生命保険とは? 生命保険には、様々な種類があります。その中には、条件などが付けられた特化型のものも少なくありません。団体信用生命保険というのは、住宅ローンの返済に特化した生命保険のことです。 生命保険の多くは、死亡時や高度障害を負っ ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!⑬住宅ローン借り換えのタイミングとは?

2020/2/7

不動産の購入時には、住宅ローンを利用する人が多いでしょう。しかし、一度利用したらそれきりという訳ではなく、時には条件の変化に合わせて違う住宅ローンに変更する、借り換えを考えることもあるでしょう。とはいえ、借り換えをしたいからといってすぐに変更するのが良いとは限りません。そのタイミングについて、考えてみましょう。 住宅ローンの借り換えとは? 住宅ローンには、様々な種類があります。大きく分けると変動金利、期間性固定金利、全期間固定金利の3つですが、その金利は金融機関やローン商品によって異なります。 しかし、住 ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!⑫固定金利について理解しよう

2020/2/6

住宅ローンには金利が付きますが、現在はそのほとんどが変動金利、あるいは期間を選択しての固定金利のものがほとんどで、完全に固定金利の商品というのはほとんどなくなりました。しかし、最近ではフラット35という、全期間固定金利の利用者も増えてきています。固定金利の特徴などを、理解しておきましょう。 固定金利とは? 住宅ローンなどを利用すると、当然ながら金利がかかります。しかし、どの住宅ローンでもこの金利が一定というわけではありません。同じようなものでも、それを融資する金融機関によって異なります。 しかし、金利の違 ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!⑪変動金利について理解しよう

2020/2/5

不動産を購入する際には、住宅ローンを利用するお客様が大半です。しかし、住宅ローンで気になるのが、固定金利と変動金利の違いです。固定金利はなんとなくわかるものの、変動金利はどう変動するの?という疑問を抱く方も多いでしょう。どのようなものなのか、解説していきたいと思います。 変動金利とは? 住宅ローンの利用を検討した際に、金利というのは非常に重要な点です。金利が高ければ、それだけ返済する金額が大きくなるので、なるべく安い金利のものを利用したいと考えるのが当然でしょう。そこで気になるのが、変動金利です。 固定金 ...

ReadMore

あなたにぴったりの
担当者を探そうPersonnel search

×

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.