不動産の読み物real estate Reading

マンション購入

中古マンション購入時の注意点!リノベーション済みのほうがいい?

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

中古マンションの購入を検討したとき、見るべき点は色々とあります。
その中で、悩む人が多い点のひとつに、リノベーション済がいいのか、まだしていない方がいいのか、という点があります。
リノベーションに関して、利点や欠点などを解説します。

リノベーション済の中古マンションは?

以前は、中古マンションのリノベーションというのはあまり行われていませんでした。
ほとんどは、汚れているところを清掃したり、あるいは壊れているところを補修したりするだけだったのです。

しかし、最近ではリノベーションをしてから販売している中古マンションも増えています。
工事が済んでいる中古マンションは、築年数を感じさせないほどきれいなことが多く、新築気分で入居することができます。

工事によって、室内の老朽化した設備も新しくなっているでしょう。
築古物件でも、最新の設備が導入されていることは珍しくありません。
ただし、どこまで手が入っているかはその物件ごとに異なるでしょう。

購入してから自分で工事をすると、工事が終わるまで入居するのを待たなくてはいけません。
一刻も早く入居したい時などは、リノベーション済の中古マンションがおすすめです。

しかし、そういった中古マンションは、一部の利点を消してしまうことにもなります。
新築マンションではなく中古マンションを選ぶ最大の理由と言えば、価格が安いということです。

リノベーション済の中古マンションは、その工事代金も価格に上乗せされます。
そうなると、せっかく価格が安いという中古マンションの利点が激減してしまいます。
また、売主が事業者だと、建物の代金には消費税が上乗せされるということも覚えておきましょう。

すでに工事が終わっていると、表面的には新築と変わらないように思えるでしょう。
ただ、それはその前の状態、元の姿を知らないということでもあります。
実は、元の状態がわからないというのはとても怖いことでもあるのです。

なぜなら、リノベーションをする箇所は自由に選べるので、もしかしたら表面的に新しくしているだけで、一皮むけば老朽化した設備ばかりという可能性もあります。
特に注意したいのが、水道の配管や電気の配線などです。

リノベーション済の中古マンション購入時の注意点は、見た目がきれいだからと安心するのではなく、どのような工事をしているのか、元の物件はどんな状態だったのかということもきちんと確認するということです。

中古マンションはリノベーションしていない方がいい?

リノベーション済の中古マンションには、利点もありますが欠点もあります。
それなら、中古マンションはリノベーションしていない方がいいのでしょうか?
しかし、その場合も利点や欠点があるのです。

何も手を入れていない中古マンションの利点は、自分が好きなようにリノベーションできるということです。
その工事にかかる予算についても、自分で決めることができます。

すでに工事されていると、せっかくのリノベーションに自分の意思が反映されません。
例えば、いくつか部屋が分かれている方が好きなのに、壁がすべて取り払われてしまっているかもしれないのです。

立地や価格帯が希望通りなのに、部屋の間取りが気に入らないからと諦めることになるかもしれません。
しかし、まだ工事されていない物件なら自分の好きなように変えることもできるのです。

工事がされていなければ、その中古マンションの問題点も分かり易いでしょう。
どこが老朽化しているか、どこに問題があるかを把握できるので、必要なところに手を入れることができ、後から問題が生じるのを防ぐことができます。

ただし、まだ工事していない中古マンションもいいことばかりではありません。
やはり、工事済みの方が良かったと思える点もあるのです。
工事されていない中古マンション購入時の注意点についても、解説します。

これから工事ををするということは、購入してから工事が行われるということです。
工事の規模にもよりますが、大規模な工事になるようだと入居はその工事が終わってからとなるでしょう。

せっかく購入したのだから、すぐにでも入居したいと思っている人にはその待ち時間が煩わしく感じられるかもしれません。
それなら、すでに工事が終わっていてすぐに入居できる方がいいでしょう。

また、事業者がリノベーションを行う場合は、他の部屋と一括で行っていることがあります。
その場合、1件当たりの工事費はやや安くなることがあるので、同じ内容の工事を自分で行うと工事費が高くなることがあります。

このように、リノベーション済であっても、自分で行う場合も、それぞれ利点や欠点があります。
自分にとってどちらの利点が大きく、欠点を許容できるかを考えなければいけません。
それが、中古マンション購入時の注意点です。

まとめ

リノベーション済の中古マンションは、新築マンションと比較すればやや安い価格で購入できることが多いでしょう。
しかし、リノベーションしていない中古マンションを購入して、自分で行うという選択肢もあります。
どちらがいいかは、その人の住まいに対する考え方や事情によっても異なるでしょう。
中古マンション購入時は、その点が良く考えなければいけない注意点になります。

不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。
きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。
お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

おすすめ記事

1

今回の記事テーマは”不動産会社の担当者を変更したい…判断基準や方法を解説します!”について、変更の判断基準!こんな不動産担当者には要注意、不動産取引における担当者の重要性、不動産会社の担当者を変更する方法の3点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

2

不動産売買においてよく、“不動産会社選びが重要”と言われていますが、実はそれ以上に欠かせないことがあるってご存知でしたか? ずばり、“担当者選び”です。 担当者選びは、不動産売買の業務を実際に行っても ...

3

いよいよ来年2020年に控えた東京オリンピック。“オリンピック特需”ともいわれるほど、今の不動産市場の好景気はオリンピックの影響を大きく受けています。 “特需”を形成しているオリンピックが終わってしま ...

-マンション購入
-, , , ,

あなたにぴったりの
担当者を探そうPersonnel search

×

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.