不動産の読み物real estate Reading

マンション購入

2020.06.01

マンション購入のきっかけ・重視したいポイントについて

不動産購入は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ購入相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

「不動産を購入するなら、一戸建てよりもマンションが良い!」という方もいるでしょう。では実際分譲マンションに住んでいる方は、どのようなきっかけで購入に踏み切ったのでしょうか?

またマンション購入の際、重視したいポイントには一体どんなことが挙げられるのでしょうか?

マンション購入のきっかけとして多いのは?

まずはマンション購入のきっかけとして多いものについて見ていきましょう。いつマンションを購入すべきなのかわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

①家族、子どものために家を持ちたいと思ったから

家族や子どものためを思い、マンションの購入に踏み切ったという方は多いです。時代が変わっても、”結婚→子どもの誕生→マイホーム購入”という流れは一般的だというわけですね。

具体的には、家族が増えて賃貸物件では手狭になったことやより家族が快適に住める環境を整えたかったことなどがきっかけのマンション購入ですね。

②賃料がもったいないから

賃貸物件の賃料を支払い続けるのがもったいないと感じたことがきっかけで、マンションの購入を決意するという方も多いです。特に比較的賃料が高い高級マンションで賃貸生活を送っている方は、賃料の支払いがもったいないと感じやすいですね。

③金利が低いタイミングだったから

金利が低く、住宅ローンを利用しやすいタイミングだということをきっかけに、マンションを購入するという方も少なくありません。日本は世界的に見ても超低金利の国であるため、ガクッと極端に金利が下がるということは考えにくいですが、マンションはとても大きな買い物ですから、金利を考慮するのは重要だと言えます。

④もっと広い家に住みたかったから

単純に現在住んでいる家よりもっと広い家に住みたいことをきっかけに、マンションを購入するという方もいます。これは賃貸物件からの移住に限らず、分譲マンションから分譲マンションへの移住でも考えられるケースですね。

⑤資産を持っておきたかったから

マンションを購入するきっかけが“資産を持っておきたかったから”だという方も少なくありません。今後の人生において何が起こるかは誰にもわかりませんし、預貯金等に代わる資産としてマンションを所有しておくことで、いざというときに備えるという方は少なからず存在します。

⑥結婚をしたから

①の「家族、子どものために家を持ちたいと思ったから」と少し似ていますが、結婚したことをきっかけにマンションを購入するという方ももちろんいます。

これまでお互い1人暮らしをしていたという夫婦の場合、どちらかの家に転居するというケースも考えられますが、やはり2人が住みやすい環境を整えるには新しくマンションを購入する方が良いですよね。

⑦もっと快適なエリアに住みたかったから

現住居よりも快適なエリアに住みたかったということが理由で、マンションの購入に踏み切るという方もいます。例えば現住居より勤務先に近いエリア、ショッピング環境が整っているエリア、閑静なエリアなどに引っ越すため、マンションを購入するというケースですね。

また分譲マンションの中には、賃貸にはあまりない利便性の高い設備が揃っているところも多いですから、これはとても自然なきっかけだと言えます。今後マンションを購入するつもりだという方は、前述したいずれかのきっかけで購入に踏み切りましょう。

マンション購入の際、重視したいポイントは?

では次は、マンション購入するにあたって重視すべきポイントを見ていきましょう。以下のポイントを押さえれば、長い間分譲マンションで快適に生活できます。

①通勤しやすい

マンションを購入するなら、“通勤しやすい”というポイントは押さえるべきです。賃貸物件の場合、通勤に不便であれば転居することもできますが、分譲マンションの場合はそういうわけにもいきません。

また通勤しやすいかどうかは、単純に勤務先との距離だけでなく、勤務先の最寄り駅へのアクセス環境、通勤路の混雑状況などもチェックして判断する必要があります。

②子育て・教育がしやすい

子どもを持つファミリーは、マンションを購入するとき“子育て・教育がしやすい”というポイントも重視しましょう。例えば学校が近いことはもちろん、周辺の防犯性が高かったり、公園などが豊富にあったりする立地の方が、子育て・教育はしやすいと言えます。

また閑静な環境の方が、子どもが集中して勉学に励みやすいでしょう。

③設備が整っている

マンションを購入する際は、“設備が整っている”というポイントも重視すべきです。例えばアイランド型キッチンや食器洗い乾燥機、ディスポーザー等の設備があるマンションであれば、女性はとても家事がしやすくなります。

また浴室乾燥機や部屋干しスペース、ディンプルキーなど、快適な生活を送るための設備は多く設置されているに越したことはありません。

④居住スペースにゆとりがある

マンションを購入する場合、“居住スペースにゆとりがある”というポイントも押さえておきましょう。居住スペースが広ければ自然と心にも余裕が生まれますし、今後家族が増えた場合でも十分に生活できるスペースを確保できます。

⑤日当たりが良い

マンション購入時に重視したいポイントとしては、“日当たりが良い”ということも挙げられます。特におすすめなのは、日中の日当たりが良い南向きの物件ですね。

ただ東向きの物件は午前中、西向きの物件は夕方頃に日当たりが良くなるため、生活サイクルによってどの方角のマンションが向いているかは変わってきます。

⑥ショッピングがしやすい

マンション購入時に重視すべきポイントには、”ショッピングがしやすい“ということも挙げられます。例えば24時間営業のスーパー、商店街、ショッピングモールなどが近い物件はおすすめですね。

またよりショッピングしやすい環境に身を置きたいなら、100円ショップやディスカウントストアなどが近くにあるかどうかも確認しておきましょう。

⑦多方面へのアクセス環境に優れている

多方面へのアクセス環境に優れている”という点も、マンション購入の際には押さえておきたいポイントですね。これはいわゆる都心部にアクセスする際、どこでもそれほど時間をかけずに行けるということを指しています。

具体的には複数の路線が乗り入れるターミナル駅が近いマンションなどが挙げられますね。

⑧眺望が良い

マンションを購入する際に重視したいポイントには、“眺望が良い”ということも挙げられます。一般的にマンションは高層階の方が眺めは良くなりますが、高ければ高いほど良いというわけではありません。

例えば複数のタワーマンションが立ち並んでいるエリアなどは、周辺の視界がマンションで埋め尽くされてしまうため、高層階であってもあまり眺望は良くありません。逆に低層階であっても、目の前に線路や墓地などがあるマンションは、今後高い建築物が建つ可能性が極めて低いため、眺めは良いと言えるでしょう。

まとめ

ここまでマンション購入のきっかけと、購入時に重視したいポイントを見てきましたがいかがでしたか?今後一戸建てに移り住むつもりがないという方は、マンションが人生で一番高価な買い物になる可能性も高いです。

したがって、まずは明確なきっかけを作ってから購入しましょう。また部屋の広さやデザインの良さなど、1つのポイントに一目惚れするような形での購入は控えてください。

不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!

不動産購入は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ購入相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

-マンション購入
-, , ,