不動産の読み物real estate Reading

不動産ノウハウ

2020.07.11

不動産売買のお客様担当者が教えます!~住宅の壁・外壁・内壁に関する用語~

不動産に関するみんなのお悩みはこちら

みんなの悩みを見る

自分の悩みも投稿すれば無料で専門家の意見が聞けます

住宅、外壁、内壁に関する用語には、似たようなものや、ややこしいものがたくさんあります。今後不動産を購入する方、もしくは売却する方は、そうした用語の違いを明確にしておく必要があるでしょう。今回は、よくわからない方が多いと予想される用語を解説していきます。

外構

門扉やフェンス、アプローチなど、住宅の外回り部分のことを総称して“外構(がいこう)”といいます。聞いたことがある方も多いでしょう。

外構には、主に3つの種類があります。

1つは、住宅における敷居の周りをフェンス等で完全に覆う“クローズド外構”です。「できる限りプライバシーが守られた家に住みたい!」という方におすすめのタイプですね。

もう1つは、周辺をほとんどフェンスや塀で覆わず、オープンな状態にする“オープン外構”です。開放感のある生活をしたい方は、こちらのタイプを選ぶことが多いですね。

そして、上記2つのちょうど中間に当たるのが“セミオープン外構”です。これは、敷居の一部だけがフェンス等で覆われているタイプをいい、「庭だけ外から見えないようにしたい」といったときに用いられます。

大壁

“大壁(おおかべ)”は、木造住宅の壁の作り方の1つです。”大壁造り“と呼ばれることもありますね。

具体的には、柱を見せずに壁を仕上げる方法で、柱の外側に壁があるため、施工にはそれほど手間がかかりません。主に、洋室などに多く使われていますね。

ただ、柱と柱の間に壁を仕上げる“真壁(しんかべ)”に比べ、部屋が狭く感じやすいというデメリットがあります。ちなみに、皆さんもうおわかりかと思いますが、“大きい壁”という意味ではありませんので、間違えて認識しないようにしましょう。

腰壁

床から腰の高さ程度に張る、別仕上げの壁のことを“腰壁(こしかべ)”といいます。中古物件を購入し、リノベーションをしようと考えている方などは、この用語をよく目にするでしょう。具体的には、「リノベーションをするなら腰壁を設置しよう!」というような文言ですね。

壁は床から腰の高さくらいの間にキズ、汚れが付きやすいため、壁を守るための仕上げとして主に用いられます。もしくは、単調な壁にアクセントを加えるためにも張られます。ですから、リノベーションのアイデアの1つとして、腰壁が紹介されるケースが多いわけですね。

そして、腰壁という名前ではありますが、出窓などの高さを基準とし、その下に設けられることもあるため、必ずしも“腰の高さ=腰壁”というわけではありません。

小壁

和室における長押、鴨居と天井との間にある30~50cmくらいまでの壁を“小壁(こかべ)”といいます。先ほど解説した大壁は“大きい壁”という意味ではありませんが、こちらの小壁は簡単にいうと“小さい壁”という意味になります。少々ややこしいですが、しっかり覚えておきましょう。

和室の場合、原則としてどの部屋でも内法の高さは同じですが、部屋の広さによって天井の高さは違っています。小壁はその高さを調節するためのものであり、あまりにも高くなって間延びする場合には、デザイン性を考慮し、書院建築等で使用されている“蟻長押”を入れることもあります。

ちなみに、その部屋に腰壁がある場合は、腰壁から上の壁のことを小壁と呼ぶことも珍しくありません。

まとめ

今回は外壁や内壁などに関する分かりにくい用語を解説しましたが、いかがでしたか?ここまで読んでくださった方の中には、いくつか意味を勘違いしていたという方もいるかもしれませんね。

不動産売買において、言葉の認識違いは後々の活動に大きな影響を及ぼすことがあります。本記事によって、皆さんの今後のミスや失敗を少しでも防ぐことができたら幸いです。

不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!

【不動産】みんなのお悩みはこちら

不動産の悩みを見る

自分の悩みも投稿すれば無料で専門家の意見が聞けます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

-不動産ノウハウ
-, , , , ,