不動産の読み物real estate Reading

不動産ノウハウ

2019.11.01

不動産売却を大手不動産会社に依頼するメリットについて

不動産売却をする方の多くは、大手不動産会社に依頼するか、地元の不動産会社に依頼するかで悩むことになります。
一般的に、“大手不動産会社=安心”イメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?
今回は、そんな疑問を解決するために、不動産売却を大手不動産会社に依頼するメリットについて解説します。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するメリット~顧客数が多い~

大手不動産会社のメリットは、なんと言っても顧客数が多いことでしょう。
大手不動産会社は、全国各地に店舗を構えていることが多いため、地元の不動産会社に比べると、必然的に顧客数が増えやすくなります。

また、“不動産売買=大手”と考え、真っ先に大手に依頼する方が多いというのも、大手不動産会社がたくさんの顧客を獲得しやすい理由です。

顧客数が多いということは、それだけ買い手候補が現れやすいということになるため、売り手にとっては好都合と言えるでしょう。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するメリット~顧客情報が多い~

大手不動産会社は、当然ながら顧客情報も多く擁しています。
これは、主要駅の最寄りに店舗網が張り巡らされているケースが多いためです。

顧客情報が多い分、売り手はより条件の良い買い手を探すことができ、なおかつ良い条件で売却しやすくなります。

言い換えれば、売り手が買い手を選べるほどの余裕が生まれやすく、「買い手が見つからない…」という状況に陥り、焦る心配はほとんどないということですね。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するメリット~資金力がある~

大手不動産会社には圧倒的な資金力があり、これも大手不動産会社に売却を依頼する大きなメリットだと言えるでしょう。
資金が豊富であればあるほど、売却する不動産の広告宣伝に費用を費やしてもらえるためです。

紙媒体だけでなく、ネットやテレビ、ラジオなどさまざまな媒体で不動産を宣伝してもらえれば、当然多くの買い手の目に留まりやすくなり、売却がスムーズに進むことが期待できます。

また、資金力がある大手不動産会社は、自社の宣伝にも莫大な費用を費やせるため、知名度が高く、安心感があります。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するメリット~担当者の対応レベルが高い~

大手不動産会社の多くは、全国各地に拠点を構えているだけあり、社員教育がしっかり行き届いています。
そのため、担当者の対応レベルは比較的高く、満足のいく売却活動を行ってくれるでしょう。

また、たとえ経験が浅い担当者であっても、経験豊富なベテランの社員がサポートしてくれるケースが多いのが、大手不動産会社の大きな魅力です。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するメリット~宅建士の資格を持っている社員が多い~

不動産会社には、事務所に専任の宅建士(宅地建物取引士)を5人に1人以上所属させなければいけないというルールがあります。
つまり、10人が所属する事務所であれば2人、15人であれば3人の宅建士を所属させなければいけないということですね。

地元の中小不動産会社の場合、宅建士の数が少なく、担当者が有資格者ではないというケースがよくありますが、大手不動産会社は、所属する社員のほとんどが宅建士の資格を持っています。
そのため、「この人に任せていいのだろうか…」という不安に苛まれることはほとんどありません。

まとめ

ここまで、不動産売却を大手不動産会社に依頼するメリットについて解説してきました。
“大手不動産会社=安心”というイメージが強いのは、大手不動産会社への売却依頼にこれだけのメリットがあるためです。
もっとも、大手へ依頼したからといって、100%不動産売却が成功するとは限りません。
ですが、どこに依頼するか悩んでいるのであれば、大手不動産会社を選択肢に入れない手はないでしょう。

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

おすすめ記事

1

今回の記事テーマは”不動産会社の担当者を変更したい…判断基準や方法を解説します!”について、変更の判断基準!こんな不動産担当者には要注意、不動産取引における担当者の重要性、不動産会社の担当者を変更する方法の3点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

2

今回の記事テーマは”不動産売買において、なぜ担当者選びが重要なのか?”について、不動産売買の担当者の業務内容とは?、優良な不動産会社を選べば優秀な担当者が付くとは限らない、どのような不動産担当者が優良なのか、専門性のある不動産会社を選ぶことが重要、不動産売買の担当者選びをする前に…、媒介契約を解約する際の注意点について、不動産仲介手数料について、不動産仲介手数料の限度額の計算例、不動産売買の担当者はどのようにして選ぶべきか、不動産売買の担当者は変更できるの?、不動産売買の担当者を変更すべきタイミングについての11点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

3

東京オリンピック選手村の跡地に建設が予定されている“晴海フラッグ”。住宅のみならず、商業施設や教育機関をもつ商業・住宅を複合したビッグプロジェクトとして注目を集 ...

-不動産ノウハウ
-, , , ,

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.