不動産の読み物real estate Reading

売却のノウハウ

不動産売却を大手不動産会社に依頼するデメリットとは?

2019.11.02

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

とりわけ、初めて不動産売却をする際は「大手に依頼するのが一番だろう」と考える方も多いでしょう。
ただ、大手不動産会社に依頼するというのも、決してメリットだけではありません。
それに付随するデメリットもあるということを、把握しておく必要があるでしょう。
後々後悔しないよう、ぜひ本記事を参考にしてください。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するデメリット~両手仲介になることが多い~

両手仲介とは、不動産会社が自社の顧客である売り手の不動産を、同じく自社の顧客である買い手に仲介することを言います。
大手不動産会社は、多くの買い手、売り手の仲介を担当していることもあり、この両手仲介で不動産売買が進んでいくケースが多いです。

両手仲介の場合、不動産会社は売り手だけでなく、買い手の利益に関しても考慮する必要があるため、売り手はどちらか片方の仲介をする“片手仲介”に比べて、良い条件で売却しにくくなってしまいます。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するデメリット~条件の良い売り手が優先されやすい~

大手不動産会社は、多くの顧客の仲介を担当しているという話をしましたね。
多くの顧客を仲介しているということは、それだけ条件の良い売り手の売却活動が優先されやすいということになります。

つまり、「安くてもいいから、早く売却したい」という買い手が優先されやすいということですね。
したがって、なるべく高い価格での売却を希望する売り手の売却活動は、どうしても後回しにされやすくなり、売却までの期間は長くなってしまうでしょう。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するデメリット~特定のエリアの細かい情報を持っていない~

大手不動産会社の中には、全国展開しているなど、幅広いエリアでの不動産売却に対応しているところも少なくありません。
ただ、幅広いエリアに対応している反面、特定のエリアにおける細かい情報力に関しては、地元の中小不動産会社よりも劣っていることが多いです。

そのため、特定のエリアで不動産を売却すると決めている売り手は、あまり有意義な情報を得られないかもしれません。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するデメリット~特定のエリアで不動産を探している買い手が少ない~

大手不動産会社の多くは、広範囲の不動産売却に対応しているため、各エリアの情報を細かく把握していません。
また、大手不動産会社に依頼し、不動産を購入しようとする買い手には、限られたエリアでのみ不動産を探している方が少ないです。

つまり、狭いエリアに絞り込んでの不動産売却は、大手不動産会社では成功しにくいということです。
そのため、大手不動産会社に不動産売却を依頼するのであれば、できる限り広範囲で買い手を探してもらうようにする必要があります。

不動産売却を大手不動産会社に依頼するデメリット~ドライに感じることがある~

例えば、売り手の1人が高額かつ短期間での売却を望んでいても、多くの顧客を抱える大手不動産会社では、どうしても安価かつ短期間での売却を望んでいる売り手が優先されてしまいます。

大手不動産会社には、上記のように顧客を選べるほどの余裕があり、そのような対応をされた場合には、どうしてもドライに感じてしまうでしょう。

また、多くの顧客を抱えている分、1人1人の顧客に費やす時間や労力は少なくなる傾向にあり、信頼性を築くのに苦労することも考えられます。

まとめ

大手不動産会社には、地元の中小不動産会社にはないデメリットがこれだけあります。
ただ、勘違いしてもらいたくないのは、「大手不動産会社には依頼するな!」と言っているわけではないということです。
大手不動産会社は、幅広いネットワークを持ち、なおかつ豊富な宣伝広告費を駆使して、条件の良い不動産会社をサポートしてくれる存在のため、不動産売却の際は必ず候補に入れておきましょう。

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

おすすめ記事

1

今回の記事テーマは”不動産会社の担当者を変更したい…判断基準や方法を解説します!”について、変更の判断基準!こんな不動産担当者には要注意、不動産取引における担当者の重要性、不動産会社の担当者を変更する方法の3点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

2

不動産売買においてよく、“不動産会社選びが重要”と言われていますが、実はそれ以上に欠かせないことがあるってご存知でしたか? ずばり、“担当者選び”です。 担当者選びは、不動産売買の業務を実際に行っても ...

3

いよいよ来年2020年に控えた東京オリンピック。“オリンピック特需”ともいわれるほど、今の不動産市場の好景気はオリンピックの影響を大きく受けています。 “特需”を形成しているオリンピックが終わってしま ...

-売却のノウハウ
-, ,

あなたにぴったりの
担当者を探そうPersonnel search

×

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.