不動産の読み物real estate Reading

不動産ノウハウ

2020.10.02

不動産購入でよくある失敗のパターンを見てみよう

不動産に関するみんなのお悩みはこちら

みんなの悩みを見る

自分の悩みも投稿すれば無料で専門家の意見が聞けます

不動産購入の失敗とは、購入した後に何らかの理由で後悔してしまうことを指しています。マイホームは人生においてもっとも大きい買い物の1つであるため、もしそのようなことになったら、悔やんでも悔やみきれません。
今回は不動産購入でよくある失敗のパターンとその対策を解説しますので、ぜひご覧ください。

不動産購入でよくある失敗のパターン11選

不動産を購入した後、後悔するという失敗のパターンには、主に以下が挙げられます。

  • ローン返済が苦しくなった
  • 思ったより住みにくい間取りだった
  • 思いの外老朽化が進んでいた
  • 周辺環境が良くなかった
  • 急に転勤することになった
  • 教育環境が良くなかった
  • 家族が増えた
  • 隣家とトラブルになった
  • 建築会社選びに失敗した
  • 購入するタイミングを間違えた
  • 売れない家を買ってしまった

ローン返済が苦しくなった

不動産購入でよくある失敗のパターンとしては、まず”ローン返済が苦しくなった“ということが挙げられます。購入時点では返済可能だと考えていた住居ローンでも、環境の変化が起こると返済が難しくなることがあります。

例えば、以下のような環境の変化です。

  • 夫婦の収入でローンを返済する予定だったが、急に妻がリストラされた
  • 教育費用が思いの外かかり、ローン返済にしわ寄せが来た
  • 住宅の購入費用は安かったが、古かったためリフォーム代や維持費が高かった など

住宅ローンは長期ローンのため、完済までに起こり得ることを想定し、できる限り余裕のある返済プランで利用しなければいけません。

思ったより住みにくい間取りだった

不動産購入でよくある失敗のパターンには、“思ったより住みにくい間取りだった”ということも挙げられます。このような失敗は、主に購入物件の価格、立地、周辺環境などを優先する方によく見られます

不動産購入時、上記のポイントをチェックするのはとても重要ですが、使い勝手が悪い間取りや、生活スタイルに合わない間取りの物件を購入してしまったら意味がありません。

思いの外老朽化が進んでいた

不動産購入でよくある失敗のパターンとしては、“思いの外老朽化が進んでいた”ということも挙げられます。中古物件の中には、ぱっと見た感じは非常に状態が良く、割安に見える物件もあります。

ただ、詳細をよく調べずに購入すると、実は見えないところの老朽化がかなり進んでいて、購入後すぐに大規模修繕をしなければいけないという状況になり得ます。よって、価格の安さばかりに気を取られてはいけません。

周辺環境が良くなかった

不動産購入でよくある失敗のパターンには、“周辺環境が良くなかった”ということも挙げられます。どれだけ間取りの使い勝手が良くても、周辺にショッピング施設や駅、金融機関などがなければ、生活は不便になってしまいます。

また、”日中は静かでも夜は騒がしい“というようなパターンもあるため、不動産購入の前には、朝・昼・晩すべての時間帯における周辺環境をチェックすべきです。

急に転勤することになった

不動産購入でよくある失敗のパターンには、“急に転勤することになった”ということも挙げられます。この場合、家族を購入した住宅に残し、夫が単身赴任をするというケースもありますが、子どもがいる世帯は、家族全員での引っ越しを選択することが多いです。

もちろん、そうなると購入した不動産は持て余すことになりますので、転勤の可能性がある会社に勤める方は、慎重に購入を決断しなければいけません。

教育環境が良くなかった

“教育環境が良くなかった”ということも、不動産購入でよくある失敗のパターンの1つです。

例えば、以下のような立地の不動産を購入してしまうケースです。

  • 学校が近くにない
  • 保育園、託児所が少ない
  • 通学路に信号のない横断歩道が多い
  • 見通しの悪い道が多い
  • 治安が悪い など

今は夫婦だけで暮らす世帯であっても、ゆくゆくは子どもを授かる可能性があるため、不動産を購入するなら必ず周辺の教育環境はチェックしておきましょう。

家族が増えた

不動産購入でよくある失敗のパターンとしては、“家族が増えた”ということも挙げられます。これは、家族が増えたことにより、購入した不動産が手狭になったり、使いにくくなったりすることを指しています。

また家族が増える理由は、子どもが生まれることだけではありません。夫と妻、どちらかの親を介護することになった場合などでも、家族が増えることはあります。そのため、不動産購入時には、夫婦双方の両親の健康状態も考慮するべきです。

隣家とトラブルになった

不動産購入でよくある失敗のパターンとしては、“隣家とトラブルになった”ということも挙げられます。これは、とても快適な住宅を購入できたにも関わらず、引っ越した後に隣家の住民とトラブルを起こし、住みづらい環境になってしまったという失敗を指しています。

隣家の住人がどんな人物なのかについては、引っ越すまでなかなか把握できないため、この失敗を防ぐのは難しいです。

ただ、購入するのが中古物件の場合、前入居者の転居理由が近隣トラブルであることも考えられるため、なぜその物件が売却されたのかについては、事前に不動産会社に質問しておきましょう。

建築会社選びに失敗した

不動産の購入時には、“建築会社選び”に失敗することもあります。これは、新築物件を購入する場合にのみ起こり得る失敗です。

依頼する建築会社によって、施工技術やスピードにはバラつきがあります。もし、あまり技術がない建築会社に依頼してしまうと、引っ越し後すぐに亀裂が入ったり、正常に住宅設備が作動しなかったりする可能性があります。

そのため、建築会社を選ぶ際は複数社を比較し、決して価格の安さだけで依頼先を決定しないようにしましょう。

購入するタイミングを間違えた

不動産購入でよくある失敗のパターンには、“購入するタイミングを間違えた”ということも挙げられます。

例えば、独身のうちにマイホームを購入した方がいるとします。その方がまだ20代の若い方の場合、今後以下のようなライフイベントの発生により、現在の住居が住みにくいものになってしまう可能性があります。

  • 結婚
  • 出産
  • 子どもの進学
  • 車の購入 など

また、若くして不動産を購入したのは良いものの、やむを得ず仕事を退職することになったら、各ランニングコストの支払いも厳しくなります。

具体的には、以下のようなランニングコストです。

  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • メンテナンス費用 など

したがって、「周りが購入しているから」といった安易な理由で、若いうちから計画性を持たずに住宅を購入するのはおすすめできません。

売れない家を買ってしまった

不動産購入でよくある失敗のパターンとしては、“売れない家を買ってしまった”ということも挙げられます。

例えば、地方のとても住みやすい住宅を格安で購入できたとしても、そのような物件は非常に換金性が低いです。そのままズルズルと所有し続けてしまうと、資産価値がほぼゼロになるということも考えられます。

よって、不動産購入時は、ある程度需要があるエリアの物件を購入し、売却時に備えておく必要があります。

まとめ

ここまで、不動産購入でよくある失敗のパターンを見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか?これらの失敗を招く原因は、そのほとんどが“計画性のなさ”です。

しっかりと計画性を持って物件探し、住宅ローンの利用などに取り組めば、ほとんどの失敗は未然に防げるため、これから不動産を購入する方はぜひ意識してみてください。

【不動産】みんなのお悩みはこちら

不動産の悩みを見る

自分の悩みも投稿すれば無料で専門家の意見が聞けます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

-不動産ノウハウ
-, , , ,