不動産の読み物real estate Reading

不動産ノウハウ

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!~不動産査定の細かい知識を身に付けよう~

不動産査定の間違った考えを持っていたり、知識が不足していたりする方は、決して少なくありません。 査定価格の算出方法は会社ごとに異なりますが、1つでも知識を増やしておけば、不動産売却の序盤でつまずく可能性は低いでしょう。 今回は売主の方に向け、実用的な不動産査定について解説したいと思います。

簡易査定と訪問査定の違いは?

不動産査定には、“簡易査定”と“訪問査定”の2種類があります。 簡易査定は、“机上査定”とも呼ばれるもので、周辺取引の相場や基礎データをもとに、不動産会社が査定価格を弾き出す方法です。 名前の通り、机の上で行われる簡易な査定ですね。 一方、訪問査定は、不動産会社が直接物件の所在地に足を運び、基礎データと現況という2つの視点から行われます。 つまり、基礎データから大まかな査定価格を算出するのが簡易査定、基礎データにより細かい物件の情報を盛り込んで価格を弾き出すのが訪問査定だということですね。

他人名義の不動産は査定してもらえるのか?

例えば、自身の親など、他人名義になっている不動産の価格は、果たして査定してもらえるでしょうか? この場合、他人名義の不動産を売却する権利を持つ方、あるいは「代わりに売却してほしい」と名義人から依頼を受けている方のみ、査定してもらうことが可能です。 言い換えれば、名義人と何の関係性もない方などは、査定してもらえないということですね。

集合住宅の査定価格は階数によって変わるのか?

マンションなど、集合住宅の一室を査定してもらう場合、階数もある程度価格に影響します。 基本的には、高層階の方が査定価格は高くなりますね。 ただ、高層階の集合住宅が、必ずしも良い価格を算出してもらえるというわけではありません。 例えば、周辺の高速道路や線路などが高い場所にある場合、高層階でもある程度騒音が聞こえると予想されるため、それほど査定価格は上がらないでしょう。 また、高層マンションが多く建ち並ぶエリアでは、周辺に視界を遮る物件が多くなるため、この場合もあまり良い評価はされない可能性があります。

家族に内緒で不動産査定はできるのか?

家族に内緒で不動産査定をしたいという方は、訪問査定ではなく簡易査定を選ぶべきです。 ただ、直接不動産会社に連絡して行う場合、後々書類などが自宅に届くことで、査定したことに気づかれてしまうかもしれません。 したがって、もっとも安全な方法を選びたいのであれば、一括査定サイトを活用しましょう。 一括査定サイトであれば、直接不動産会社に連絡を取る必要はありませんし、一気に複数社で査定価格を算出してもらえます。 また、査定結果の通知は基本的にメール等であるため、家族に見つかる心配は少ないです。

不動産査定にはどれくらいの時間がかかるのか?

初めて不動産査定をする方の中には、査定結果が出るまでに数日もしくは数週間程度かかると考えている方もいるかもしれませんね。 ただ、実際は1時間程度で完了します。 具体的にいうと、簡易査定では30分~1時間程度の調査で価格を算出することができ、訪問査定では1時間(長くても2時間)程度で価格を弾き出せます。 したがって、査定をしてもらうからといって、丸1日確保しなければいけないというわけではありません。 ただ、査定書の発行に関しては、役所や法務局での調査が必要になるため、数日~1週間程度かかることも考えられます。

まとめ

不動産査定によって算出された価格は、売り出し価格とは異なります。 ただ、どれくらいの価格で売れるのかを把握するには十分なデータですし、思惑通りの価格が算出されれば、売却のモチベーションアップにも繋がります。 ですから、少しでも正しい不動産査定をしてもらうためにも、売主はたくさんの知識を身に付けなければいけないのです。 不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。 きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。 お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!

 

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

おすすめ記事

1

今回の記事テーマは”不動産会社の担当者を変更したい…判断基準や方法を解説します!”について、変更の判断基準!こんな不動産担当者には要注意、不動産取引における担当者の重要性、不動産会社の担当者を変更する方法の3点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

2

今回の記事テーマは”不動産会社ではなく担当者で選ぶべき!良い担当者の条件と選び方とは?”について、“不動産会社”ではなく“担当者“で選ぶべき理由、良い不動産担当者の条件、不動産担当者の選び方、途中で担当者を変更したいときはどうする?の4点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

3

ご所有のマンションから転居することになったとき、売却するべきか?賃貸に出すべきか?悩んでしまうのではないでしょうか。 一概にはいえませんが、相対的にみれば、今の ...

4

今回の記事テーマは”中古マンション購入前の注意点!失敗しないために大切な3つのこと”について、中古マンション購入の注意点①築年数だけじゃない!立地が大事、中古マンション購入の注意点②税金を含めた価格で判断、中古マンション購入の注意点③耐震性と管理状況の3点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

5

今回の記事テーマは”離婚で不動産売却するときの3つの疑問を解決”について、離婚時の不動産売却で財産分与する方法は?、離婚調停中でも不動産売却は可能?、離婚の財産分与で税金はかかる?の3点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

-不動産ノウハウ
-, , , ,

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.