不動産の読み物real estate Reading

離婚

離婚届を出す前に知っておくべきこと

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

結婚して夫婦となったとしても、その関係が永遠に続くとは限りません。
中には、やむを得ず離婚してしまう夫婦もいるでしょう。
その時を迎えて、離婚届を提出してしまうと夫婦関係は終わってしまいます。
しかし、その前に知っておくべきことがあるのです。
離婚届を出す前に知っておくべきこととは、どのようなことでしょうか?

離婚届を提出する前に

離婚届を提出したら、さっさと出してしまいたいと考える人は少なくありません。
確かに、離婚の意思が固まっている以上、早々にけりをつけてしまいたいと考えるのは当然なのですが、その前にやるべきことがあるのです。

離婚のときには、双方で話し合うべきことがいろいろとあります。
離婚の原因によっては慰謝料を請求することになるでしょうし、そうでなくても財産分与については話し合わなければいけません。
また、子どもがいる場合にはその親権と養育費、そして離婚後の面会と交流についても決めておく必要があるでしょう。

実は、慰謝料や財産分与に関しては時効があります。
特に、財産分与は離婚してから2年経過すると時効になるので、離婚届を提出するとそのカウントダウンが始まってしまうのです。

ちなみに、慰謝料に関してはその原因を知ってから3年で時効になるので、離婚届の提出とはあまり関係ありません。
かといって、別途話し合う必要性もあまりないので、一緒に話し合っておくべきでしょう。

離婚協議書の作成

慰謝料や財産分与は、最初に取り決めたにもかかわらず相手があとから支払いに応じなくなる、ということも考えられます。
それを防ぐために、まず合意したことをまとめた離婚協議書は、公正証書にして提出したほうがいいでしょう。

その際は、公正証書に「執行認諾文言」という文言を盛り込んでおくことをおすすめします。
これは、合意したにもかかわらずその履行を怠ったときに、給与を差し押さえるなどして金銭を回収できるようにするものです。

こういった点をおろそかにしたまま離婚届を提出してしまうと、後日話し合うはずがなかなかその機会も持てず、最終的には時効が成立してしまって財産分与を受けられない、ということもあり得ます。
離婚届を提出する前に、必ず話し合っておきましょう。

離婚届の注意点

離婚届に関して、いくつか注意する点もあります。
間違いがあると、後日改めて役所に行くことになるので二度手間です。
書きなれているという人もめったにいないでしょうから、間違いがないようにきちんとチェックしましょう。

離婚届には、いろいろと難しいことが書かれています。
一見すると戸惑うかもしれませんが、実際にはそれほどややこしいことを書く必要もありません。
書き方がついているので、書かれていることをざっと確認したらその手本を参考に書いていきましょう。

ちなみに、押印するのは実印である必要はありません。
さすがにシャチハタはだめですが、一般的な認印であれば問題ありません。
また、保証人は成人さえしていればどんな人でもいいので、わざわざ弁護士などに依頼する必要もありません。

離婚届を提出するときは、離婚届以外の書類が必要なこともあります。
一般的な協議離婚の場合は離婚届だけでいいのですが、離婚調停の結果離婚した調停離婚や、裁判の結果離婚した裁判離婚の場合は、別途書類を添付しなければいけないのです。

調停離婚では、離婚調停が成立したことを示す調停調書を添付します。
裁判離婚の場合は、裁判の判決の写しである裁判謄本と判決確定証明書を添付しなければいけません。
どちらの場合も、離婚が認められてから10日以内に離婚届を出さなければ、罰金を科されることがあるので注意しましょう。

離婚届の提出は、2人で行かなくても問題ありません。
ただし、一方が今の戸籍から抜けることになるので、その戸籍を抜ける方が提出しに行ったほうが手続きはスムーズに行えます。

また、本籍地以外で離婚届を提出する際は、戸籍謄本が必要です。
提出時に本人確認が必要なこともあるので、身分証明書も持っていきましょう。
郵送で提出することもできますが、訂正箇所がある場合は役所を訪れなくてはいけません。

離婚することを決めて、手続きを進めていくのは徒労感が伴うこともあります。
自分たちで決めた婚姻関係を破棄しようというのですから、仕方がないことでしょう。
だからといって、適当に手続きを進めないように気を付けましょう。

離婚届の提出は、最後のけじめのようなものです。
そこをしっかりしないと、離婚が成立してから余計な手間がかかることもあります。
最後まで、気を抜かないようにしましょう。

まとめ

離婚届を提出することで、正式に離婚は成立します。
しかし、急いで離婚届を出すのではなく、必要なことがすべて終わってから提出するようにしなければ、あとから問題が生じて後悔するかもしれません。
離婚届を提出する前に、やっておくべきことはきちんと終わらせてしまいましょう。
不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。
きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。
お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

おすすめ記事

1

今回の記事テーマは”不動産会社の担当者を変更したい…判断基準や方法を解説します!”について、変更の判断基準!こんな不動産担当者には要注意、不動産取引における担当者の重要性、不動産会社の担当者を変更する方法の3点に触れながら詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にして下さい。

2

不動産売買においてよく、“不動産会社選びが重要”と言われていますが、実はそれ以上に欠かせないことがあるってご存知でしたか? ずばり、“担当者選び”です。 担当者選びは、不動産売買の業務を実際に行っても ...

3

いよいよ来年2020年に控えた東京オリンピック。“オリンピック特需”ともいわれるほど、今の不動産市場の好景気はオリンピックの影響を大きく受けています。 “特需”を形成しているオリンピックが終わってしま ...

-離婚
-, ,

あなたにぴったりの
担当者を探そうPersonnel search

×

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.