不動産の読み物real estate Reading

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!~老後は戸建てorマンション?~

2020.02.15

一戸建てに住んでいる高齢の方の中には、すでに子どもが家を出て独立し、部屋を持て余しているという方もいるでしょう。
せっかく複数の部屋があるのに、使わないのはもったいないですよね。
ではこの場合、一戸建てを売却してマンションに移るべきなのでしょうか?
詳しく解説しましょう。

【結論】戸建てを持て余しているならマンションに移ろう!

結論から言うと、一戸建てを持て余しているという方は、マンションに移ってセカンドライフをスタートさせるべきでしょう。

なぜなら、マンションに移ることで、安全面や生活のしやすさ、金銭面などにおいてさまざまなメリットが生まれるためです。

安全面のメリットについて

老後に一戸建てからマンションに移ることで得られる安全面のメリットは、主に以下の通りです。

① 詐欺に遭う可能性が下がる
一戸建ての場合、セールスマンなどに対して直接対応しなければならないことが多いため、詐欺に遭う可能性が高くなります。

一方、オートロック完備のマンションに移れば、開錠しない限り部屋の前まで来ることはありません。

② 管理人が常駐している
マンションによっては、常に管理人が常駐している場合もあります。
そのため、何かしらのトラブルに遭遇したり、病気になったりしたとき、サポートしてもらいやすくなるでしょう。

特に、配偶者とも死別し、1人暮らしをしている方などにとって、管理人はとても頼りになります。

生活面のメリットについて

続いては、マンションに移ることで得られる生活面のメリットを見てみましょう。

① 掃除、メンテナンスの負担が減る
一戸建ての場合、複数の部屋を掃除しなければいけないため、とても大変です。
また、庭がある場合だと、草むしりなどのメンテナンスも自分自身で行う必要があります。

一方、マンションは戸建てより狭いケースが多いため、掃除の負担は少なくなりますし、自身で庭をメンテナンスする必要もありません。

② 段差が少ない
基本的に1フロアに住むことになるマンションは、一戸建てと比べて段差が少ないです。
そのため、階段の昇り降りが辛くなっているという方でも快適に過ごせるでしょう。

また、マンションの中には手すりが付いていたり、玄関がフラットになっていたりする“バリアフリー物件”もあります。

金銭面のメリットについて

最後に、金銭面のメリットについて解説しましょう。

① 電気代を抑えやすい
マンションの中には、断熱性に優れている物件も多く、エアコン代を抑えやすいです。
また、一戸建てに比べて電気を付ける部屋が少ないため、これも電気代の節約に繋がるでしょう。

② 火災保険の金額がお手頃
マンションは耐火性能が高く、一戸建てに比べて火災保険の金額が安いケースが多いです。
高齢の方の中には、当然年金で生活している方もいますので、これは大きな負担減ですね。

ちなみに、エリアなどにもよりますが、マンションは一戸建てより固定資産税も安い場合がほとんどです。

戸建ての価値が下がる前に売却を!

マンションに移る場合は、価値が下がる前になるべく早く一戸建てを売却しましょう。
少しでも手元に資金が残れば、それをマンションへの入居費用に回せるためです。

ただ、子どもに不動産を相続しようと考えている方や、今住んでいる一戸建てを離れたくないという方は、もちろん無理やり売却する必要はありません。

まとめ

ここまで、老後に一戸建てからマンションに移るという選択肢について解説してきましたが、いかがでしたか?
マンションでセカンドライフをスタートさせるという方は、実際多く存在します。
特に身体が不自由な方、広すぎる一戸建てでの生活に負担を感じている方は、ぜひマンションに移りましょう。
そうすれば、きっとこれまでよりも快適な生活を送ることができます。

不動産売買で担当者探しにお困りの際には、イイタンコンシェルジュをお勧めします。
きっとあなたに合った担当者さんが見つかります。
お悩みも相談できますので、是非一度、イイタンコンシェルジュをお試し下さい!

不動産売却は“担当者”で決まる!!

担当者から選ぶ売却相談

実績・経験豊富な担当者のみご紹介させていただきます

監修役

ヒトワークス株式会社 山田力

山田力

前職は不動産相場サイト(マンションナビ)の運営に従事。相場価格を把握してもらい、売却の意思の強いエンドユーザーを、不動産会社へご紹介する一括査定サービスの利用拡大を行う。人生で最大の売買である不動産を信頼できる担当者に出会って、幸せな取引をしてもらいたいという思いから、担当者にフォーカスしたサービス【イイタン】を展開するヒトワークス株式会社を2017年に立ち上げる。

おすすめ記事

1

不動産会社の担当者を変更したい…判断基準や方法を解説します! 「ちょっとこの担当さん合わないかも…」「やる気が感じられない!」 このような理由で、不動産会社の担当者を変更したいとお考えではありませんか ...

2

不動産売買においてよく、“不動産会社選びが重要”と言われていますが、実はそれ以上に欠かせないことがあるってご存知でしたか? ずばり、“担当者選び”です。 担当者選びは、不動産売買の業務を実際に行っても ...

3

いよいよ来年2020年に控えた東京オリンピック。“オリンピック特需”ともいわれるほど、今の不動産市場の好景気はオリンピックの影響を大きく受けています。 “特需”を形成しているオリンピックが終わってしま ...

-不動産担当者
-, , ,

あなたにぴったりの
担当者を探そうPersonnel search

×

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.