不動産の読み物real estate Reading

不動産担当者

不動産売買の営業担当者が解説!③媒介契約とは?

2020/1/23

不動産を売却する時に、個人で取引するとなると手続きも大変なので、一般的には不動産会社に仲介してもらう事になると思います。そうなると、媒介契約というものを締結する必要があります。ただ、どんな契約なのかがわからないと、戸惑うかもしれません。媒介契約とは一体どのような契約なのか、解説していきます。 媒介契約とは? 媒介契約というのは、不動産を売買する際、仲介してもらう為の契約の事をいいます。不動産会社は、仲介を依頼されたら媒介契約を締結する事が義務として法律上定められているのです。 不動産の売買には様々な手続き ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買の営業担当者が解説!②宅建士とは?

2020/1/21

資格について興味を持ったことがある人なら、宅建士について聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、不動産に関わらない限りは、具体的な内容は知らないかもしれません。宅建士とはどのようなものか、解説します。 宅建士とは? 宅建士は、「宅地建物取引士」というのが正式な名称です。その名前お通り、宅地や建物を取引するための資格なのですが、不動産会社の社員が全員宅建士という訳ではありません。 つまり、この資格がなくても宅地や建物の取引業務に関わる事は出来るのです。それでは、宅建士の役割とはどのようなものなのでしょうか ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買の営業担当者が解説!④住宅ローンアドバイザー

2020/1/21

住宅ローンに関するアドバイスを求める場合、ファイナンシャルプランナーを思い浮かべる人は多いでしょう。しかし、最近では住宅ローンアドバイザーという資格を持つ人もいます。住宅ローンアドバイザーというのはどのような資格なのか、解説します。 住宅ローンアドバイザーとは 住宅ローンアドバイザーというのは、最適な住宅ローンを選ぶためのアドバイスができるように、住宅ローンという商品に関する正確な知識や新しい情報、リスクなどに精通していることを示す資格を持った人のことです。 住宅を購入する際には、住宅ローンを利用する人が ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買の営業担当者が解説!➀FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

2020/1/21

人生の計画を立てていくうえで、資金というのは欠かせない問題です。 人生における、経済的な計画をファイナンシャル・プランニングといいますが、そのためには幅広い知識が必要になります。 その知識を持ち、プロとしてのアドバイスをするのが、ファイナンシャルプランナーです。 FPの仕事は? FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事は、顧客の将来的な計画を立てることです。 その人の収支や資産状況、負債、家族構成などを把握したうえで、教育や住居、老後に至るまでの将来のライフプランに応じた資金計画を立てたり、アドバイスをし ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!⑨不動産の売却理由はどうやって伝えるべき?

2020/1/20

不動産を売却する理由は人それぞれで、ポジティブなものもあれば当然、ネガティブなものもあります。ちなみに、不動産を手放したい理由について、どこまで購入希望者へ伝えるべきなのでしょうか?特に、ネガティブな理由の場合どうすればよいのでしょうか。本記事では、不動産の売却理由について解説します。 死亡事故・事件があったことが理由で売却する場合の伝え方 例えば、死亡事故が発生した物件や、自殺や殺人といった事件が発生した物件など、人様にはあまり大きな声で言えないような背景から、不動産売却に至るケースがあります。 この場 ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!⑧売却すべき不動産の特徴は?

2020/1/19

「不動産を手放したいけれども、本当に売却すべきか迷っている…」 初めて売却する場合は特に、このような悩みを抱えている方が多いです。 その判断材料として、売却した方がいい不動産の特徴を知っておくのは有効でしょう。 迷っているという方は特に、今後の参考にしていただければ幸いです。 売却すべき不動産の特徴①~空き家~ 所有している不動産が空き家の場合は、売却すべきだと言えます。 なぜなら、使用していない空き家を所有し続けるだけだと、次第に手入れが行き届かなくなり、劣化することでどんどん売却しにくくなってしまうた ...

ReadMore

ニュース・市況

2020年4月施行!相続時の「配偶者居住権」とは?

2020/1/15

ここ数年、相続に関する税制や法律の改正が続いています。2020年4月にはまた、大きな改正が施行となります。今回変わるのは、「配偶者居住権」という新たな権利が創設されることです。 「配偶者居住権」により、配偶者が資産を相続しやすくなり、残された配偶者の保護が強化されます。 配偶者居住権とは? 今の相続制度では、法定相続分は「妻(配偶者)が1/2」「子が1/2」です。子が何人いても、妻の相続割合は変わりません。 一見、妻に有利な相続制度かと思われますが、相続資産を1/2ずつ相続するとなると、それまで亡くなった ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!⑦不動産売却にかかるコストを少しでも抑えるには?

2020/1/14

「コストがかかるのは、不動産を購入するときだけ」 そのように考えている方はいませんか? これは大きな間違いであり、実は、不動産売却時も不動産購入時と同じように一定のコストがかかるのです。 今回は、そんな不動産売却にかかるコストを少しでも抑えるための方法を、お教えしましょう! 不動産売却にかかる主なコストについて 不動産売却にかかるコストは、主に以下の通りです。 今後売却に踏み切ろうとしている方は、まずは以下のコストがかかることを念頭に置いておきましょう。 ① 仲介手数料 仲介手数料は、不動産売買を仲介して ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者がお悩みを解決!⑥内見で物件の良さをアピールするには?

2020/1/13

不動産を売却するにあたって、直接購入希望者と話ができる“内見”はとても重要です。 ただ、これから不動産を売却する方の中には、「内見の時どうやって物件の良さをアピールすればいいの?」と疑問に思う方もいるでしょう。 今回は、具体的にアピールの仕方を解説しますので、どうぞ参考にしてください。 内見で物件の良さをアピールする方法①~できるだけ物を減らしておく~ 内見の際は、できるだけ室内にある物を減らしておくようにしましょう。 なぜなら、物が多いと購入希望者がその物件での新しい生活をイメージしにくくなるからです。 ...

ReadMore

不動産担当者

不動産売買のお客様担当者が教えます!⑤市街化調整区域とは?

2020/1/9

皆さんは、“市街化調整区域”というものをご存じですか? これは、都市計画区域における区域区分の1つであり、都市計画法に基づいて指定されているものです。 今回は、その詳細について知らないという方のために、市街化調整区域の概要と市街化調整区域の売買を中心に解説したいと思います。 “市街化調整区域”の概要 日本には、“都市計画区域”というものがあります。 都市計画区域は、市街地を中心に、1つのまとまった都市として整備・開発・保全する必要がある地域であり、市街化調整区域は、この1つに数えられます。 具体的には、“ ...

ReadMore

あなたにぴったりの
担当者を探そうPersonnel search

×

Copyright© 不動産の読み物 , 2020 All Rights Reserved.